椎間板ヘルニアに悩んでいる人は名古屋の鍼灸院を受診

鍼灸

姿勢を正して椎間板ヘルニアの症状を軽減する

足の鍼治療

椎間板ヘルニアは青年期や実年期に頻発するものとされ、突如として症状が発生するタイプと徐々に痛みが慢性的になるタイプが存在しています。どちらも腰などの腰痛に悩まされることになり、場合によって仕事などの日常生活に影響を及ぼすものも存在しています。そんな椎間板ヘルニアの根本原因とされているのが姿勢が悪いということです。ずっと誤った姿勢で偏った動作をしてしまうことで椎間板が歪んでしまうのです。
しかし逆をいえば姿勢を正しくすることで椎間板ヘルニアの症状を軽減させることは不可能ではありません。完璧に治すには専門の医療機関へ行くのがベストですが、症状を緩和させるのは日常生活の取り組みが重要といえます。
正しい姿勢とはどういうものかというと、簡単に言えば背骨を横から見た時に綺麗なS字カーブを描いていることです。これが日頃の重労働やデスクワークなどで姿勢が徐々に歪むことにより神経を圧迫し痛みへと繋がってしまうのです。このような腰のそらしすぎや猫背などは椎間板ヘルニアの遠因ですが、ストレッチなどで正しい姿勢を保つことが可能です。また、自分では正しい姿勢をキープしていると思っても出来ていないことが多いので、整体や整骨院などのプロの治療院で診療してもらうことも不可欠です。