椎間板ヘルニアに悩んでいる人は名古屋の鍼灸院を受診

鍼灸

ヘルニアを予防する方法はあるのか

首の鍼治療

ヘルニアを発症すると、その激しい痛みによって生活に苦痛を強いられることになります。できれば誰しもなりたくないと思いますが、ヘルニアにならないようにする為の予防法はあるのでしょうか。

まずは、必要以上に重たい荷物などを持たないことです。重い荷物を持つと、どうしてもその分負荷がかかってしまいます。持たなければいけない時はその姿勢に注意して下さい。腰を折り曲げて荷物を持つのではなく、膝を曲げることによって膝の力を利用して持ち上げるようにしましょう。これを気を付けるだけでも、腰への負荷が全然違ってきます。

身体の筋力を鍛えることもヘルニアの予防に繋がります。筋力を鍛えるとその分身体を支える力が強くなるので、骨や椎間板への負担が軽減されるのです。また、老化やカルシウム不足による骨粗鬆症などにならないように意識することも、ひとつの予防になるでしょう。

日頃からの姿勢を正しく保つこともヘルニア予防になるでしょう。猫背など前傾姿勢の人は腰痛を起こしやすいと言われています。また、反り過ぎの姿勢も椎間板への負荷が大きくなってしまいます。このように、日頃の生活の中でちょっと気を付けるだけでも、ヘルニアの予防に繋がるのです。